スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モーターサイクル・ダイアリーズ 

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
(2005/05/27)
ガエル・ガルシア・ベルナル

商品詳細を見る


久々のヒット。
先生もいい映画を教えてくれたなぁ。
世界史の先生がチェ・ゲバラを勉強したとき教えてくれたんです。^^
ゲバラは資料集でみたときからとても興味があったし、ガエルが出てるって聞いたので絶対見ようと思ってました。

内容はあのチェ・ゲバラの若き頃の話。
医学生であった彼は、親友のアルベルトとともにおんぼろの中古バイクに乗って
およそ一万キロもの旅にでます。
旅のさなかでは当然の如く辛いことがあるんですが、
その中で垣間見彼らの活き活きさや、見たこともない風景に心躍るふたりをみていると、本当に飽きず、逆にその自由な高い旅がとてもうらやましくなりました。
たぶん自分が行ったら実際にいったらすぐくたばるだろうけど・・・・。^^;
でも本当にふたりはタフだなぁ・・・。
映画だから少しは美化されてるだろうし。

この旅はチェ・ゲバラを革命家へと目覚めさせたらしいです。
それを暗示するかのように最後にアルベルトが飛行機に乗るゲバラの後ろ姿を見つめるシーンが、革命家になったのち、暗殺される彼のその後を考えるとなんだか切なくなりました。

それに本当のラストシーンが・・・!もう図書館で泣きそうになりました。
だってアルベルト本人が出てくるんだもん!
あのゲバラを見送ったシーンと同じく。
思わず巻き戻しして見直してしまいました。
わたしにとってはゲバラは過去の偉人で、まるで違う時空の人のように感じますが、
彼は実際にゲバラと旅をして、彼の後ろ姿をその目で見送ったんだなぁと思うと
不思議な感動が沸きました。

人は旅から帰ってきたとき、周りの風景はどう映るのかなーと
最近気になっています。
自分も大学生のうちにどこか旅に行ってみたいです。





スポンサーサイト

[2008/06/19 19:51] 映画 | TB(0) | CM(0)

観ちゃったよー 

眠れないのでケータイからぼち②更新。


ハンニバルライジングをついに観ましたー。


ギャスパーすっっごくかっこよかった…。
とにかく美しかった。あの妖しい美しさが最高でした。(しつこい
特に復讐相手を木に縄で縛り付けて痛め付ける場面でのギャスパーの演技が…語弊があるかもしれませんが素敵でした。
グロいのは苦手なんですがねー。
でも生々しい表現はあまりなかった気が…するような…しないような…(-"-;)


ストーリーは…


大雑把なことしか把握してません(^o^)/


最低な映画の見方ですね。


でも…
なんか日本の文化の描写がおかしい気がしてならなかった。


剣道のシーンはなんだか観てるこっちが恥ずかしくて観れなかったです。


中途半端な意識で取り組むから、ああなったのではないかと…。


羊たちの沈黙も観たくなってきたなー。

出ているのってジョディフォスターと、ホフキン(間違っているだろうな)だよね…?

どちらも大好きな俳優さんだし、こっちの方がストーリー的にも楽しみなので是非観たいです。
[2008/06/16 02:49] 映画 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。